千種有宗の「こころなき身ゆゑ」

歴史・文化・詩歌・音楽について語ります。

七言絶句「暑日読書」(拙作)

 

 

はじめに

 

 みなさま、こんにちは。千種有宗です。

 先日、太刀掛呂山著『詩語完備 だれにもできる漢詩の作り方』*1を入手し、漢詩を作り始めました。

 「作り方の部」を読み、早速七言絶句を作ってみました。間違いも多く恥となりましょうが、今後の反省のためにここに記録しておきます。

 

 

 

拙作の漢詩

 

暑日読書 暑日に読書す

幽思

 

 炎光焦土立糸遊 炎光土を焦がし、糸遊を立たす

 昼永鳴蜩携友謳 昼永くして、鳴蜩友を携へて謳ふ

 矮屋無人書一巻 矮屋人無く、書一巻

 窓前忘刻汗珠収 窓前、刻を忘れて汗珠収む

 

 

補足

・炎光:炎のような太陽の光

 炎→下平14塩、光→下平7陽

 『行成詩稿』涼風撤蒸暑詩:「飄々消苦熱、颯々退炎光」
 
・焦土
 焦→下平2蕭、土→上7麌
 
・立糸遊
 立→入14緝、糸→上平4支、遊→下平11尤
 
・昼永
 昼→去26宥、永→上23梗
 
・鳴蜩
 鳴→下平8庚、蜩→下平2蕭
 
・携友謳
 携→上平8斉、友→上25有、下平11尤
 

・矮屋

 矮→蟹、屋→入1屋

 『蕉堅藁』山居十五首次禅月韻「放歌長嘯傲王侯、矮屋誰能暫俯頭」 

 

無人

 無→上平7虞、人→上平11真

 『斉安郡後池絶句』杜牧「尽日無人看微雨」

 

・書一巻

 書→上平6魚、一→入4質、巻→上16銑

 

・窓前

 窓→上平3江、前→下平1先

 鄭師冉「露重窓前緑竹低」 

 

・忘刻

 忘→去23漾、刻→入13職

 

・汗珠収

 汗→去15翰、珠→上平7虞、収→下平11尤

 

 

 

*1:呂山詩書刊行会、1992年